闇金の定義とヤミ金弁護士

闇金被害 無料相談ブラック金融は、ヤミ金、闇金、ブラック金融などと呼ばれ、貸金業規制法で規定されている都道府県への登録をしていない者もしくは、その業務を指します。

加えて、都道府県に貸金業登録をしていながら法律を無視した法外な高金利をとる業者、または、金利以外でも取り立て行為も闇金に該当します。

貸金業を営む場合は、監督官庁である都道府県に貸金業としての登録を届ける義務があります。

闇金融は、このような登録を一切行わず、中には年利2000%も超えるような法外な高金利で貸し付けし、借りた人が自殺するほどの過酷な取り立てをします。酷いのは、正規の貸金業者なのに闇金の手口を真似ている者までいます。

ブラック金融たとえて言えば1万円を借り、年利2,190%の実に21万9千円もの金額を利息として徴収するようような手口です。

闇金の客を誘い込む方法は、リスト屋から買ったアドレスにDMや電話をかけたり、スポーツ新聞などに広告を掲載し、駅の構内や駐輪場そして歓楽街の隙間に広告を貼っています。
そして官報や顧客リストを購入して、自己破産した人を狙ってダイレクトメールを送り付けたりします。

通常ならこれらの人達は”返済能力が無い”、と判断され貸付対象にならないのですが、違法な闇金は違法な取り立てを行いいますので、逆説でいえば自己破産した方は扱いやすく良客となります。

そこから脱出するには弁護士など専門家の助力がないとダメでしょうね。
闇金問題に取り組んでいる弁護士はネット検索で簡単に見つけることができます。

彼らのサイトには闇金相談窓口が設置されていて、いずれも相談無料ですから利用しましょう。