多重債務と闇金

急に支払があり5万円ほど不足する。しかし手持ち金がない!

このような急を要する場合では銀行で借りるにしても時間がありません。
こんな切羽詰まった状況でできる選択肢としては消費者金融かクレジット会社のキャッシングを利用する人も多いかと思います。

でも考えておかないといけないのが、誰でも借りれる代りに高金利に加え、厳しい取り立てを受けることもあるってことです。
借りる段階で契約内容をよく読み込んで質問しておかないと、さらなる痛手を負うかもしれません。

ひょっとして、返済日に約定通りに返済できない場合に、さらなる借金をして返済に充てるなってことやちゃうと借金地獄へ真っ逆さま・・・ですな。

それを2~3回でも繰り返せば、次のステージである闇金融の登場となります。

この闇金融と言われる金貸しは、これまでの表社会の金融会社と違い違法な相手になります。ようするに犯罪者集団ですな。

では、ヤミ金とはどんなことをしているのでしょう。

分かりやすくいえば、法律により制限された貸出金利を50~100倍も上回る高金利で融資している業者、監督官庁に届けず貸金業を営んでいる事業者をヤミ金と呼びます。さらに、貸金業者として正規に登録されているにもかかわらず、法律を無視した違法な高金利で貸付けしている貸金業者も闇金融です。

また、法律では返済が遅れた場合に行う督促、回収方法が規定されていますが、闇金の場合にはそれを無視、返済が1日延滞すると、やみ金業者のしつこくも過酷な取立てが始まります。
昼夜の時間に関係なく督促電話を何十回も掛け、職場や友人宅にまで集金に現れたり、迷惑な大声で集金しようとします。

先述したように、闇金業者は法外な高金利に加えて厳しい取り立てにより、利用者にとって生きるための生活基盤を壊されますから、銀行や消費者金融から借りれないからといって闇金を利用すべきではありません。

ヤミ金被害を解決する相談窓口