闇金は裁判所による任意整理ではダメ

借金を返すあてがない場合、司法書士や弁護士に話し、自分の財産を処分したり、弁護士の交渉により債務を軽減してもらう自己破産や任意整理といった対処をしてもらいます。

任意整理という処置でも、自宅などを維持しつつ借金を返す個人再生という選択肢があります。

借金総額が減額しますが、自宅のローンなどは残りますので、要注意です。私は個人再生としたおかげで、家のローンの返済が相当楽になりました。

それまでは毎月支払うのが厳しかったのですが、個人再生で立ち直ることができたお陰で相当返済金額が減り、生活に余裕が生まれました。

遠慮せず弁護士に相談してみて良かったと本当に思っています。

他に、借金を全てゼロにするのが自己破産といった制度もあります。
借金に苦しむ方には喜ばしい救いの一手ですが、メリットばかりではありません。

当然、デメリットもあります。
家や車というような財産は全て放棄しなければなりません。さらに、およそ10年はブラックリストのほうに登録される為、新しく借金は出来なくなります。

自己破産というのは、借金を返すことがもう絶対にできないということを裁判所から理解してもらい、法律により、借金を取り消してもらえるシステムです。生活を営んでいく時に、最低限いる財産以外は、すべてをなくすことになります。

債務を整理すると、結婚をする場合に影響が出るのではないかと思っている人がいますが、債務整理をしないまま、多額の借金があるほうが大変なことです。
債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして挙げられるのは、
1、マイホームを建てたい場合、おおよそ7年間は住宅の月賦が組めない。
2、任意整理が終わってから消費者金融などでの借り入れはできません。
 それは信用情報機関のブラックリストに記載された場合、記載が削除されるまでには5~10年の月日が
 必要です。

任意整理とは、債権者と債務者が話し合いをすることで、金利の引き下げや元金のみの返済ですむように依頼するという公共機関の裁判所を使わずに借金減額の対処方法です。大多数の場合、弁護士、司法書士が債務者の代わりに意見をかわし、毎月支払う額を少なくすることで、借金を全て払える道筋がついてきます。

複数の金融機関からの借入や複数のカードでお金を借りていると月々の返済額が大きくなり経済的な負荷になってしまう場合に債務整理で融資をすべてまとめて一本にすることで月々の返済金額を相当金額減ずることができるという大きな利点があるでしょう。

これらのように裁判所を使って債務整理できないのが闇金です。
その理由は、もともと違法な闇金は裁判所に呼び出しをかけても応じられないからです。

そんな闇金相手に手助けをしてくれるのが下記の組織です。
闇金被害に苦しむ人は今すぐコチラの無料相談所へ