月別アーカイブ: 2018年8月

ヤミ金の手口と対策

統計から分かることは、闇金被害などの相談件数に大きな変化はありませんが、被害者を窮地に追い込むやり方で取り立てするヤミ金業者が増えてきたようです。

闇金被害 無料相談平成17年に発生した違法な取り立てをする闇金取締りが進まず、老夫婦を含む3人が心中し闇金の違法行為が社会問題として浮上し、ヤミ金の一斉摘発により過酷な取り立ては一応少なくなりました。

そう、それでも闇金が根絶されたわけではありません。
ソフト闇金という形態に変化し、厳しい取り立てをする業者が減少しました。

ところが平成24年前後より、酷い取り立てをする闇金業者が復活したようです。

闇金の貸金回収方法は、精神的に追い込むために利用者ではない親兄弟、それに親族にまでプレッシャーをかけ、回収し易い人から回収するものです。早朝から利用者の自宅前に待ち伏せしたり、利用者が勤務する職場へ度々電話し、精神的に追い込みます、

闇金に苦しんでいる人の特徴は、他人に知られたくないと一人で何とかしようとします。

ヤミ金はそれを利用するために、本人の周囲にいる人に対して嫌がらせをするのです。

その結果、追い込まれた利用者は、一時的に逃れるために新たな借金をして、多重債務の限界まで行くことになります。

さらに、深刻なのが被害者本人の意思に関係なくヤミ金犯罪に手を染めてしまうことです。

一般的なやり口は、被害者が緊急に資金が必要な時や、予定通りに返済できなくなった場合に犯罪に使用する目的で、利用者に本人名義で携帯電話契約をさせ、さらに利用者名義の銀行口座をつくらせて、さらなる闇金商売の拡大に利用するというものです。

恐ろしいもんです。こんな犯罪者から1日でも早く手を切らねばなりません。
その方法は代理人を立て、自分は一切関わらないことです。

代理人は、ヤミ金が一番恐れる弁護士がベストでしょう。
ネットで探せば闇金被害の無料相談をしている弁護士事務所が見つかります。