月別アーカイブ: 2015年4月

借金を抑止するには

配偶者のどちらかが金銭感覚が酷くて借金を繰り返すようなら、自衛策を講じなければなりません。借金をさせない方法を2つほどご紹介しますので検討しませんか。

その1つ目が、金融機関のブラックリストに載せてもらうこと。

借金癖を自分で制御できない人に向いている方法で、本人もしくは親族が日本貸金業協会に事前申告することで、個人信用情報機関に返済不能者であることを登録する制度です。

この方法を利用すると金融機関からは原則5年間、新規の貸付やカードの作成などができなくなります。ようするに、自己申告によりブラックリストに載せてもらうものです。

手続きは簡単な上に、登録手数料などの費用はかかりませんし、「借金をしない、させない」という方針ならば、この制度は有効な手段です。

また、金融機関を利用して借金をしたり、カードを作成すると、信用情報機関に登録されますので、半年に一回など定期的に信用情報機関から信用登録情報を開示してもらえれば配偶者の「秘密の借金」を防止することも可能でしょう。

この例外が、闇金を利用した場合です。
闇金は字のごとく違法な金融業者ですから信用情報機関にも業者として登録できません。
よって、この制度は利用できないのです。

対策は「裏金融(闇金)の被害から自分を守る方法」を参考にしてみましょう。

2つ目が、夫婦間契約書を作成しておくこと。

これは、夫婦間において、「二度と借金をしません。もし借金をした時には離婚します」などの内容で「夫婦間契約書」を作成するものです。

夫婦間契約書の特長は、夫婦関係が円満ならば一方の意思で破棄でき、実効性がないと考えられていますが、こと離婚の話しになってしまえば、これは絶大なる効力を発揮する契約書になります。

そのためにも、約束を破った場合の慰謝料や財産分与のも明文化した契約しておくことが肝要です。