カテゴリー別アーカイブ: 闇金

闇金の定義とヤミ金弁護士

闇金被害 無料相談ブラック金融は、ヤミ金、闇金、ブラック金融などと呼ばれ、貸金業規制法で規定されている都道府県への登録をしていない者もしくは、その業務を指します。

加えて、都道府県に貸金業登録をしていながら法律を無視した法外な高金利をとる業者、または、金利以外でも取り立て行為も闇金に該当します。

貸金業を営む場合は、監督官庁である都道府県に貸金業としての登録を届ける義務があります。

闇金融は、このような登録を一切行わず、中には年利2000%も超えるような法外な高金利で貸し付けし、借りた人が自殺するほどの過酷な取り立てをします。酷いのは、正規の貸金業者なのに闇金の手口を真似ている者までいます。

ブラック金融たとえて言えば1万円を借り、年利2,190%の実に21万9千円もの金額を利息として徴収するようような手口です。

闇金の客を誘い込む方法は、リスト屋から買ったアドレスにDMや電話をかけたり、スポーツ新聞などに広告を掲載し、駅の構内や駐輪場そして歓楽街の隙間に広告を貼っています。
そして官報や顧客リストを購入して、自己破産した人を狙ってダイレクトメールを送り付けたりします。

通常ならこれらの人達は”返済能力が無い”、と判断され貸付対象にならないのですが、違法な闇金は違法な取り立てを行いいますので、逆説でいえば自己破産した方は扱いやすく良客となります。

そこから脱出するには弁護士など専門家の助力がないとダメでしょうね。
闇金問題に取り組んでいる弁護士はネット検索で簡単に見つけることができます。

彼らのサイトには闇金相談窓口が設置されていて、いずれも相談無料ですから利用しましょう。

ヤミ金の手口と対策

統計から分かることは、闇金被害などの相談件数に大きな変化はありませんが、被害者を窮地に追い込むやり方で取り立てするヤミ金業者が増えてきたようです。

闇金被害 無料相談平成17年に発生した違法な取り立てをする闇金取締りが進まず、老夫婦を含む3人が心中し闇金の違法行為が社会問題として浮上し、ヤミ金の一斉摘発により過酷な取り立ては一応少なくなりました。

そう、それでも闇金が根絶されたわけではありません。
ソフト闇金という形態に変化し、厳しい取り立てをする業者が減少しました。

ところが平成24年前後より、酷い取り立てをする闇金業者が復活したようです。

闇金の貸金回収方法は、精神的に追い込むために利用者ではない親兄弟、それに親族にまでプレッシャーをかけ、回収し易い人から回収するものです。早朝から利用者の自宅前に待ち伏せしたり、利用者が勤務する職場へ度々電話し、精神的に追い込みます、

闇金に苦しんでいる人の特徴は、他人に知られたくないと一人で何とかしようとします。

ヤミ金はそれを利用するために、本人の周囲にいる人に対して嫌がらせをするのです。

その結果、追い込まれた利用者は、一時的に逃れるために新たな借金をして、多重債務の限界まで行くことになります。

さらに、深刻なのが被害者本人の意思に関係なくヤミ金犯罪に手を染めてしまうことです。

一般的なやり口は、被害者が緊急に資金が必要な時や、予定通りに返済できなくなった場合に犯罪に使用する目的で、利用者に本人名義で携帯電話契約をさせ、さらに利用者名義の銀行口座をつくらせて、さらなる闇金商売の拡大に利用するというものです。

恐ろしいもんです。こんな犯罪者から1日でも早く手を切らねばなりません。
その方法は代理人を立て、自分は一切関わらないことです。

代理人は、ヤミ金が一番恐れる弁護士がベストでしょう。
ネットで探せば闇金被害の無料相談をしている弁護士事務所が見つかります。

自己破産と個人再生の道

自己破産と個人再生自己破産の最大のメリットは債務免責となれば借金の返済義務から逃れられることです。
お金を返す方法に悩んだり、金策に走り回らなくてよくなります。特にあまり財産がない人には、借金返済で手放さなくてはいけないものがほとんどないので、利点が大きいと感じます。
続きを読む 自己破産と個人再生の道

キャッシング会社の選び方と闇金

銀行系キャッシングがノンバンク系キャッシングより優れている点は、金利が安いことがあげられます。また、銀行系は総量規制の対象外になります。

総量規制とは、融資の金額を年収の3分の1以下にしなければならない規制のことですから、借入限度額が高めな点も、銀行系の強みと言えるでしょう。
続きを読む キャッシング会社の選び方と闇金