カテゴリー別アーカイブ: 任意整理

債務整理の注意点

キャッシングはお金がない時の助けになりますが、計画的に使わなければなりません。
キャッシングに頼りすぎて債務額が増えると、借金地獄に陥る可能性があります。こうして追いつめられてしまった際には、債務整理が有効な手段となります。

債務整理には個人再生や任意整理、自己破産などの種類がありますが、状況に応じて上手く選択すれば、減額が認められて、返済を楽にできます。
債務整理には複数のやり方がありますが、任意整理のケースなら各種ローンの審査に受かるかもしれません。
支払いの意思を放棄しない任意整理の場合、官報に公告されることもありません。
続きを読む 債務整理の注意点

キャシングと債務整理

便利な点も多いキャッシングですが、返済が遅れるようなことがあれば資産を差し押さえられてしまうこともありデメリットにもなります。差し押さえは預金口座や給料が主なものになりますが、給料の場合は最大その4分の1までが差し押さえ対象になります。

給与は4分の1までなのですが年金はもっと深刻で、差し押さえが年金の振込先の口座に及んだ場合、貰えるはずの年金が全く手元に入ってこないこともあります。そんなことにならないように、CMの文句ではないですが、キャッシングは計画的に利用するようにしましょう。

はじめてキャッシングを利用する人が戸惑うのは借入先を選ぶことのようです。それならお金のプロである銀行を背景に持ったところが安心・安全なのでオススメです。
続きを読む キャシングと債務整理

任意整理とヤミ金対策

生活保護費を貰ってる人が債務整理を依頼することは出来ますが、どうしても利用出来る方法は限られてしまうことが多くなってしまいます。
また、弁護士サイドも依頼を断る場合もあるので、ネット検索と口コミなどを慎重に判断して利用できるのかどうかを判断した上で、依頼しましょう。

借金がだんだん増えてしまった場合に、債務のある人は、弁護士を通して債権者と話し合い、月々にいくらなら支払い可能なのか、無理のない返済額を交渉します。これが任意整理というものですが、注意しなければならないのが任意整理になると、銀行口座が凍結されてしまうことがあります。
銀行口座に残高がまだある場合は債権者に持って行かれてしまうので、事前に銀行から引き出しておきましょう。

任意整理とは、
ようするに債権者と債務者との話合いのなかで、裁判所を通さずに金利の引き下げや元金だけの返済で可能になるように交渉し、借金を減らす手段です。

大部分の場合、弁護士、司法書士が債務者の代わりに意見をかわし、毎月の支払額を減額させます。

私は借金返済が滞り、差し押さえのされそうになったので債務整理をする事に決めました。
上手く債務整理をしたら借金が大幅に減りますし、差し押さえを免れられるからです。

近所の弁護士事務所へ行き、相談にのって頂きました。
借金を繰り返し返済不能状態になり任意整理をすることになった場合のデメリットとして、また新たに借り入れをしたくなったり、カードを作りたいと思っても、信用機関にその情報が残るため、審査にクリアすることが出来ず7年間はそういった新規作成ができなくなります。

借金癖のある方には、とても厳しい環境になりますが、悪い癖を治すには良いことでもあります。他にも官報に掲載されますから、他人に借金のことが知られてしまう可能性も十分にあります。
これらが任意整理のもっとも大きなデメリットだといったことになるのかもしれません。
続きを読む 任意整理とヤミ金対策

闇金は裁判所による任意整理ではダメ

借金を返すあてがない場合、司法書士や弁護士に話し、自分の財産を処分したり、弁護士の交渉により債務を軽減してもらう自己破産や任意整理といった対処をしてもらいます。

任意整理という処置でも、自宅などを維持しつつ借金を返す個人再生という選択肢があります。

借金総額が減額しますが、自宅のローンなどは残りますので、要注意です。私は個人再生としたおかげで、家のローンの返済が相当楽になりました。

それまでは毎月支払うのが厳しかったのですが、個人再生で立ち直ることができたお陰で相当返済金額が減り、生活に余裕が生まれました。

遠慮せず弁護士に相談してみて良かったと本当に思っています。

他に、借金を全てゼロにするのが自己破産といった制度もあります。
借金に苦しむ方には喜ばしい救いの一手ですが、メリットばかりではありません。

当然、デメリットもあります。
家や車というような財産は全て放棄しなければなりません。さらに、およそ10年はブラックリストのほうに登録される為、新しく借金は出来なくなります。

自己破産というのは、借金を返すことがもう絶対にできないということを裁判所から理解してもらい、法律により、借金を取り消してもらえるシステムです。生活を営んでいく時に、最低限いる財産以外は、すべてをなくすことになります。
続きを読む 闇金は裁判所による任意整理ではダメ